新たなビジネスについて知っておくと役立つ豆知識

開業する前に活用したいサービスとは

GALLERY

受けることで

最近は会社を立ち上げるときに、支援してもらうことができます。この支援を受けるためにはどのような条件が必要なのかまた、開業支援について詳しく確認しておくべきポイントはどこなのかチェックしてみましょう。

詳細を見る

歴史を知ることで

最近は多くの人がフランチャイズ契約をするようになっており、小売業は非常に契約が多くなっているのです。以前と比較するとフランチャイズ経営はとても成功する確率も高くなっているのです。

詳細を見る

サービスを知る

一般社団法人設立をすることによって、様々なサービスが受けられるのですが、その内容について事前に把握しておきましょう。また、一般社団法人と同じように似たような法人サービスについて把握しておくことも重要です。

詳細を見る

格安で

NPO法人設立をすることによって、一般的な企業よりも有利になることは多いのですが、設立には大金が必要だと考えている人も多いでしょう。しかし、実査しには格安で設立することができるのその流れを理解しましょう。

詳細を見る

気をつける

導入後のサポートも万全。決済代行サービスのご利用なら弊社におまかせください。スピーディーな導入が可能です。

POSは売れた商品だけを管理するものではありません。経理ソフトなどを同時につければ売店の経営がもっとスムーズになります。

購入代行で注意すること

宝くじは当せん金付証票法という法律によって、転売が禁止されています。宝くじを転売してしまうと、10年以下の懲役または100万円以下の罰金となるので注意しましょう。また、宝くじ購入代行でのクレジットカードの取り扱いは違法行為となっています。クレジットカードでの取引は、必然的にクレジットカード会社の立て替え払い(購入代金の後払い)となるので、当せん金付証票法に抵触することになります。 宝くじ購入代行は、必ず全額前払いのサービスです。それゆえに、お金を支払った後でトラブルが起きてもどうすることもできない場合が多いです。このことから、信頼や実績のない購入代行事業者やホームページサイトでの購入代行は充分に注意する必要があります。

宝くじの豆知識について

日本での宝くじの起源は、江戸時代まで遡ります。当時は、富くじと呼ばれ神社やお寺を修復する費用を集めるつめに発行されていました。また、日中戦争の戦費を調達するために、臨時資金調整法が制定され、福券や勝券が発行されていたこともあります。現在の宝くじは、1948年に制定された当せん金付証票法に基づき、地方財政のための資金調達を目的に運営されています。外国の宝くじは、日本国内で購入できませんが、それは当せん金付証票法が外国の宝くじを対象としていないからです。 もし、宝くじで高額当選をした場合税金がいくらかかるのか気になる人も多いと思います。しかし、個人で宝くじに当選した場合は、当せん金付証票法によって税金が一切かからないようになっています。

オススメリンク

↑ PAGE TOP