新たなビジネスについて知っておくと役立つ豆知識

サービスを知る

一般社団法人のサービス

一般社団法人のサービスは、株式会社と同じように幅広い提供が可能です。彼らは公益事業以外も実行できる権限を持っています。一般社団法人設立と株式会社設立が区分されている理由は、利益の扱いが異なる点です。株式会社の提供するサービスで得た利益は、原則的にどう扱っても問題ありません。しかし一般社団法人設立で作られた組織は違います。 一般社団法人が目指しているものは非営利活動です。それは職員に給料を払わないという事ではありません。一般社団法人設立を達成しても、組織維持にはお金が必要だからです。よって職員の給料や設備に関する支払いは、経費として計上されます。一般社団法人の利益については、今後の運営に役立てる事を義務とされているのです。

NPO法人の提供するサービス

一般社団法人設立によって作られた組織は、社会から多大な信頼を受ける事になります。それは利益の扱いがサービスの発展を目的としているからです。実は一般社団法人設立と似ている組織があります。それはNPO法人と呼ばれているものです。 NPO法人も非営利活動を義務付けられており、利益は今後の組織運営に回されます。しかし業務内容が一般社団法人と異なるのです。一般社団法人は利益を組織に還元すれば、どんな事業の展開も許されています。しかしNPO法人が許されているのは、公益性のある事業だけです。 公益性のある仕事以外は許可されないため、一般社団法人よりもクリーンな活動をしていると、社会からは認識されています。しかし業務範囲が狭いせいで融通が利かない局面が多い事も事実です。

↑ PAGE TOP